55歳で辞める!

50代に入ったサラリーマンが55歳で早期退職するまでの日々を綴ります。

つけ麺屋のアンケート

3年くらい前に必死で減量していた頃は、昼飯を抜いたり玄米ブランや春雨スープで我慢していたりしていましたが、最近はできるだけヘルシーなものを選びつつも普通に食べるようにしていました。そして減量中に避けていた「つけ麺屋さん」に久しぶりに行ってきました。

 

このつけ麺屋さんは、テーブルに置いてあるアンケートに記入すると、麺大盛りか味玉無料の割引券をもらえるシステムになっていて、毎回これに記入することにしています。

 

好きなことを書ける自由記述欄もあるのですが、面倒くさいので「味」や「量」、「接客」といった項目に5段階評価で埋めることしかしていません。

 

よくサービス業で「クレームは宝」という言葉を聞きますが、この5段階評価で何がわかるんでしょうかね?店としては自由記述欄に具体的な苦情や改善点を書いてもらうことを期待してるのかもしれませんが、退店時に店員さんに手渡しするので、なかなか辛辣なことは書けないのです。

 

そう言えば、ホームコースの一つでもキャディさんについてのアンケートを毎回欠かされますが、余程のことがなければ一番いい評価に⚪︎をつけて提出しています。こういうアンケートって、実は本当に客の評価を知りたいのではなく、「客の声を聴く姿勢」をアピールしているだけなのかもしれませんね。

コロナの影響広がる

久しぶりにホームコースのコンペに来たら、コロナの影響で欠席する人が多いことにびっくり。やはり趣味のゴルフは不要不急ということでしょうか。

 

この前、別のゴルフ場で聞いたら、「仕事がらみのラウンドの予約はキャンセルだらけだけど、その分『暇になった』とプライベートの予約が増えてますよ」と言っていたのに、もう個人レベルのラウンドも自粛モードになったということでしょうか。

500円玉貯金

わざわざ缶の貯金箱を買ったりはせず、スタバのボトルに500円玉を貯めています。毎日、家に帰ってきたら小銭入れの中にある500円玉を取り出すようにしています。

 

特に何か買うものや目標金額を決めているわけではありませんが、500円玉貯金のことが頭にあるので、買い物のときに500円玉がお釣りでもらえるような工夫をしたり、ゲットした500円玉は使わないといった習慣ができています。

 

この前、貯まった500円玉をATMに何度か分けて投入したところ、8万円強の金額になりました。ちょうどドライバーを新調したところだったので、自分の中のいい言い訳になりました。

セルフレジ難民

最近、セルフレジを導入するお店が増えています。そう言えば、ゴルフ場も機械精算のところが多くなっています。働き方改革の流れがあった上に、今年に入ってからのコロナウイルス騒ぎで、ますますレジの無人化は進みそうです。

 

これまで体験したことがあるのはユニクロ。これは「やってみよう」と思ったからではなく、セルフレジしかなかったので仕方なくという消極的な理由。手順はそれほど難しいものではありませんでしたが、「ホントにこれで大丈夫なのかなあ?」とおっかなびっくりの会計となりました。

 

ついこの前も、久しぶりにTSUTAYAでCDを借りたときにセルフレジを使いました。こちらは盗難防止用の「電子錠」の外し方がよくわからず、まごまごしながらの作業でした。

 

近所のイオンでもセルフレジで精算できますが、こちらはできるだけ有人のレジの列に並ぶようにしています。何か特典があるのか、セルフレジの方が混んでたりするのもあります。

 

これまでなら、できるだけ新しい仕組みや機械化されたシステムを使いたがっていた自分が、セルフレジに尻込みしているのがちょっとショックだったりします。自分が思っている以上に、歳を取ってしまったということなんでしょうか。

マイなんとか、どこまで?

趣味が昂じると、道具へのこだわりが強くなるものです。ゴルフとか楽器なら、自分用のものを買う人がほとんどだと思いますが、レンタルでもなんとかなるけど、「マイなんとか」が欲しいなあというジャンルもあるでしょう。

 

乗馬をする人の鞍、ボーリングのボール、ビリヤードのキューあたりが微妙なラインです。僕が今買おうかなと悩んでいるのが、サウナのマットです。これはマイなんとかへのこだわりというよりは、デリケートな部分が触れるものなので使い回しはちょっと嫌という衛生的な問題です。

 

値段もたいしたことはないですし、買えばいいんでしょうが、毎回持っていくのも面倒だなというデメリットもあって、決断できずにいます。世の中がコロナウイルスで大変なときに、つまらないことで悩んでいるのは平和なことです。

USモデルはお買い得か

僕は凝り性な方なので、ゴルフクラブはしょっちゅう買い換えます。道具道楽も趣味の一環だと割り切っています。

 

ほとんどの場合、クラブはネット通販で購入しています。本当はショップで試打したりフィッティングを頼んだりするのがいいのでしょうが、練習ケージでのスイングがゴルフ場で再現できるか疑問ですし、値段もたいていネットの方が安くなっています。1〜2回ラウンドして、「合わない」と思ったクラブはまたネットで買い取ってもらうのです。

 

どころで、ネット通販でクラブを探していると、USモデルという商品をときどき見かけます。文字通り、アメリカで売られているものを直輸入したものですが、日本向けのものより1万円くらい安いのが特徴です。デメリットは保証が怪しいことと、アメリカ人の体格・力に合わせているので硬かったり重かったりすることです。洋服のサイズなどと同じで、シャフトの硬さも同じ「S」でも日本で売っているものの「S」とは違うのです。

 

僕は気にせずUSモデルを買っています。正直、僕のレベルならその硬さの違いがよくわからないし、仮にわかっても出玉がどう変わるのかもよくわからないからです。合わなければ、すぐに売る。これができることがリスクヘッジになっているので、この考え方は変わらないと思います。

朝は金 昼は銀 夜は銅

昨夜のピアノレッスンの時に「15分だけですけど毎晩弾いてます」と先生に話したところ、「特に朝の練習は大事ですよ。朝は金ですからね」と言われました。

 

そう言えば、そんな言葉を聞いたことがあります。「朝は金 昼は銀 夜は銅」。でも、これって果物を食べるタイミングの話だったのでは?と思ってネットで調べてみたら、「朝の頭は金」ともありましたので、いろんなことに通じるようです。

 

受験勉強や仕事の効率でも朝型がいいとされていますが、みんなが眠い朝に自分を律することができる人は、総じて優秀ということではないでしょうか。

 

朝は金。これも有意義な老後に向けた訓練だと信じて、続けていきたいと思います。